「その他」の記事一覧

丸の内タニタ食堂さんの【鮭ときのこの包み蒸し】レシピ

レシピ 鮭ホイル蒸し 

体脂肪ヘルスメーターでおなじみのタニタさんから、第3弾のレシピ本『丸の内タニタ食堂』 が出ていますが、ご存知でしたか?

その中に、生鮭を使った蒸し料理、【鮭ときのこの包み蒸し定食】が掲載されています。旬のきのこがたっぷり!生鮭も今の時期ならではの1品。ヘルシーで魅力的ですね♪

実際に作ってみましたが・・・

メインがどっちか?鮭が見えないほど、3種類のキノコがたっぷりです。タマネギの甘さとポン酢しょう油の酸味がいいです!生醤油にレモンをきゅっと絞って、今ならすだちでもフレッシュでいいかもしれません(^_-)-☆

ちなみに、合わせて副菜もタニタさんのレシピ本より作りました。【だいこんとねぎのピリ辛和え】は、パパッと作れるお助けレシピ。思ったよりもと、しらす干しの塩気とねぎ、七味のピリ辛がよかったです。お酒のつまみにも!(上写真:左奥)

【れんこんの煮物】は、2人分だと煮汁など少なめで、これで火が通るの?大丈夫?と不安な気持ちになります(^_^.) 食材も中途半端に余るので倍量の4人分作るのもおすすめです。実際、私は作り置きです。作る工程写真がありませんが、レシピは続きです。

タニタ社員食堂さんの【ささみのごま揚げ】レシピ

レシピ タニタ社員食堂 鶏ささみ2013年10月2日(水)

ヘルスメーターやバランスのよい食事でお馴染み、タニタ社員食堂さんのサイトより【ささみのごま揚げ】の定食をみつけました。 サイトでは【小松菜の炒め物】と、副菜がもう1つ【ひじきの甘酢和え】もあります。

タニタさんでは、鶏肉の中でも、「ささみ」の部分を使った料理が多いようですね。ささみは低カロリーでかつ高栄養の食品。とのことです。

実際に作ってみましたが・・・

我が家では、【ささみのごま揚げ】【小松菜の炒め物】を作ってみました。雑穀米は私のアレンジです。

【ささみのごま揚げ】は下味がしっかり付いてて、そのままでいけました。ゴマも香ばしく、食感がアクセントになって良かったです(*^_^*)

【小松菜の炒め物】は、やや火の通りが悪く焦げ付いたので、私は酒を加えて蒸し焼きにして仕上げました。具沢山で結構な量が出来ます(上写真は、控えめに盛り付けてます)。 

●一緒に合わせた【きのこの蓮根汁】(上写真・右手前) ⇒ 作り方はこちらです(上沼恵美子のおしゃべりクッキング紹介レシピ) こちらも、なかなかキノコたっぷりでオススメです!!

タニタ社員食堂さんの、【ささみのごま揚げ】【小松菜の炒め物】の作り方・レシピは続きです。

丸の内タニタ食堂レシピ本の【かじきとしいたけのマヨネーズ焼き】レシピ

レシピ タニタ食堂

体脂肪ヘルスメーターでおなじみのタニタさん。魚料理の中でも、かじきを使ったレシピが多いように思います。

レシピ本第3弾『丸の内タニタ食堂』の中にも、かじきを使った魚料理、【かじきとしいたけのマヨネーズ焼き定食】が掲載されています。

実際に作ってみましたが・・・

正直、ややご飯がすすむ!という感じではありませんでしたが、淡泊なカジキマグロも、しいたけの風味とマヨネーズのコクが合わさったソースでメインのおかずになるレシピでした。

副菜には、【キャベツとツナの和え物】と、【サラダ】を組み合わせました。実際に、レシピ本にも2品ともサラダのような定食レシピが掲載されてます。「この料理は、タニタさん?」と主人には、やっぱり分かるようでした(^_^;) 

タニタさんの【かじきとしいたけのマヨネーズ焼き】レシピ

<材料> 2人分(1人分228kcal)

かじき…100g(2切れ)
 塩・こしょう…各少々
 酒…小さじ1/2弱(2g)

(ソース)
しいたけ…1.5枚(20g)
玉ねぎ…1/20個(10g)
マヨネーズ(カロリーハーフ)…大さじ2と1/2(30g)
粒マスタード…小さじ2/3(4g)

(付け合わせ)
サラダ菜…4枚(20g)
にんじん…1/3本(60g)
ラディッシュ…1/2個(6g)

(A) 
オリーブ油…小さじ1/2(2g)
酢…小さじ1弱(4g)
砂糖…小さじ1弱(2g)
粗びきこしょう…少々

【かじきとしいたけのマヨネーズ焼き】の作り方は、続きに書きました。
     

タニタ社員食堂さん【いり豆腐のカレー風味丼】レシピ

レシピ タニタ食堂


2013年8月29日(木)

ヘルスメーターやバランスのよい食事でお馴染み、タニタ社員食堂さんのサイトより【いり豆腐のカレー風味丼】と副菜、味噌汁の定食をみつけました。

我が家では、【いり豆腐のカレー風味丼】【キャベツのちくわ入りごま酢和え】をタニタさんのレシピで作ってみました。

炒り豆腐ですが鶏肉も入ってて、食べ応えが結構ありました。カレー風味でご飯もすすむ味付けで良かったです。ニンジンをもう少し大きめに切った方が、より噛む回数が増えてタニタさんらしかったのかもしれません(^_-)-☆

副菜の【キャベツのちくわ入りごま酢和え】は、ゴマをかるく炒ってすりおろして作りましたが、ややコクに欠けました。私のアレンジで、練りゴマを少し加えてみました。

結構な量のキャベツも食べられて、気軽な食材で作れるタニタさんレシピで、助かりました(^O^)/

タニタ社員食堂さんの【いり豆腐のカレー風味丼】レシピ

<材料> 2人分(1人分486kcal) 

ご飯…300g
木綿豆腐…160g
鶏ひき肉…120g
油…小さじ1/2
干ししいたけ…4g
にんじん…20g
長ねぎ…20g
卵…20g(M玉1/2個分くらい)
グリンピース(冷凍)…10g

(A)
だし汁…10cc
カレー粉…小さじ1弱
三温糖…小さじ2(私は、上白糖)
しょうゆ…小さじ2

【いり豆腐のカレー風味丼】【キャベツのちくわ入りごま酢和え】【具だくさん汁】の作り方は、続きに書きました。
     

丸の内タニタ食堂さんの【なすと豚ひき肉のはさみ焼き】レシピ本より



2013年8月10日(土)

体脂肪ヘルスメーターでおなじみのタニタさんのレシピ本第3弾『丸の内タニタ食堂』の中から、なすを使った【なすと豚ひき肉のはさみ焼き】を私も作ってみました。

トースターで火を通して低カロリーで抑えられる上に、ポン酢でサッパリと暑い時期に食のすすむ嬉しいメインおかずでした(^O^)/

箸で切り分けるには、ナスが切り離れず挟んだ肉とバラバラになるのが難点(^_^;) 焼きあがり後さらに横半分に切り分けるとたべやすく、お皿もボリュームアップしていいでのは~と思います♪

レシピ本では、ぜんまいをたっぷり使った【山菜サラダ】と、【さといものごま和え】を合わせた定食レシピが掲載されてました。我が家では、水菜のサラダ、ごぼうとレンコンのきんぴらと合わせてタニタさんのような定食にしてみました。

タニタさんの【なすと豚ひき肉のはさみ焼き】レシピ

<材料> 2人分(1人分246kcal)

なす…2本(200g)

(肉だね) 
豚ひき肉…160g
玉ねぎ…1/20個 (10g)

(A)  
パン粉…大さじ3弱(8g)
溶き卵…1/7個(8g)
おろししょうが…4g
片栗粉…小さじ1弱(2g)
塩…少々(0.4g)

(付け合わせ)
大葉…2枚(1g)
大根おろし…60g
かぶ…1個弱(60g) ⇒私はキャベツ
塩昆布…2g
かぼす…2/3個(30g)
ポン酢しょうゆ…大さじ1と1/3(20g)

【なすと豚ひき肉のはさみ焼き】の作り方は、続きに書きました。
     

タニタさんの【豚そぼろ丼セット】レシピ

レシピ タニタ 丼ぶり


2013年7月29日(月)

ヘルスメーターでお馴染みのタニタさん。タニタ体重科学研究所所長の池田義雄さんのレシピ本『タニタのDr.がすすめるスローカロリーレシピ』より、【豚そぼろ丼セット】を作ってみました。

レシピ本掲載の4品すべてを作ろう!と思うと、結構「気合い」を入れないと・・・と思ったら、【小松菜とかにかまぼこのレンジおひたし】は、電子レンジで温めるだけの簡単レシピで大助かり(*^。^*) ごぼうのささがきと具材の計量が手間取るくらいで(^_^;)、なんとか作れました。

味が濃いめの私には、少し物足りない・・・くらいなので、すべての味付けも、ちょうどいい塩梅。かと思います。食べてしっかりとお腹が満たされて、胃が重くならない!大満足の夕飯です★★★

【大根のごま風味煮】は、ゴマをかるく炒ってからすりおろして香りを強くしてみました。個人的には、鶏肉やさつま揚げ、ちくわなどを加えたくなりました(^_^;)

【豚そぼろ丼】レシピ

<材料> 2人分(1人前:418kcal)

豚ひき肉…180g
ごぼう…60g
かいわれ大根…適宜
ご飯…300g

(A)
砂糖、しょうゆ、みりん…各小さじ2
しょうが(すりおろし)…小さじ1

【豚そぼろ丼】の作り方とセットの【大根のごま風味煮】【小松菜とかにかまぼこのレンジおひたし】【かきたま汁し】のレシピを 続きに書きました。
     

タニタDr.【とろろきのこそば】レシピ

レシピ タニタ食堂


2013年7月20日(土)

ヘルスメーターでお馴染みのタニタさん。タニタ体重科学研究所所長の池田義雄さんのレシピ本『タニタのDr.がすすめるスローカロリーレシピ』より、【とろろきのこそば】を作ってみました。

レシピ本では、温かいそばです。季節柄、我が家では『冷やしぶっかけそば』にして食べました。長芋とろろが、キノコや小松菜をまとめてくれていいです~(*^。^*)

本来は温泉卵がとろりと、これまた具材にからまるはず!だったのですが・・・今回は、手作り温泉卵を失敗しました(>_<) ほぼ火が通ってしまいました(笑) 勘に頼ったのが原因(T_T)

冷やしのため味付け自己流で作ったので、肌寒くなってきたら今度はレシピ通りのそばつゆも作ってみたいと思います!

【とろろきのこそば】レシピ

<材料> 2人分(1人前:407kcal)

ゆでそば…2玉
きのこ…2~3種(100g)
長いも…7cm
小松菜…2株(60g)
温泉たまご…2個

(A)
だし汁…500ml
しょうゆ…大さじ2
みりん…大さじ2

【とろろきのこそば】と、ご参考までに上沼恵美子のおしゃべりクッキングで紹介された【温泉卵】の作り方を 続きに書きました。
     

タニタDrおすすめ【かじきまぐろと野菜の焼きびたし】レシピ




2013年7月6日(土)

ヘルスメーターでお馴染みのタニタさん。タニタ体重科学研究所所長の池田義雄さんのレシピ本『タニタのDr.がすすめるスローカロリーレシピ』より、【かじきまぐろと野菜の焼きびたし膳】を作ってみました。

肉好きなので、「大丈夫かなぁ?」と思いながら作りましたが、いろんな野菜があって鮮やか、目を楽しませてくれました!(^^)! かじきまぐろもボリュームあるし、これは主人にも思いのほか好評!!

浸し汁が少ないので、やや盛り皿には汁気がありません(^_^.) ただ食べてみるとわりと染みてて、味がしっかりとしてました。

【ブロッコリーのマスタードソース】【なすとえのきだけのみそ汁】を合わせた【かじきまぐろと野菜の焼きびたし膳】全部で557kcalと低カロリーなところも大満足の夕飯になりました\(^o^)/

【かじきまぐろと野菜の焼きびたし】レシピ

<材料> 2人分(1人前:291kcal)

かじきまぐろ…2切れ
かぶ…1個
かぼちゃ…40g
アスパラガス…4本
マッシュルーム…2個
赤パプリカ…1/4個

片栗粉…大さじ1
サラダ油…大さじ1・小さじ2

(A)
砂糖…小さじ2
しょうが…小さじ2
酢…小さじ2
みりん…小さじ1

【かじきまぐろと野菜の焼きびたし膳】の作り方を 続きに書きました。
     

タニタのDr.スローカロリー【雑穀のレタスチャーハン】レシピ




2013年6月28日(金)

ヘルスメーターでお馴染みのタニタさん。タニタ体重科学研究所所長の池田義雄さんのレシピ本『タニタのDr.がすすめるスローカロリーレシピ』より、一品で食事が完結するという【雑穀のレタスチャーハン】を作ってみました。

大きめのレタスでカサが増えて、ボリュームがあるように見えます。実際は、2人分でご飯1合分もありません。卵も入らないところが驚きでした\(◎o◎)/!

「大丈夫?」と不安が残りましたが、しっかり味が付いてて思いのほか食べ応えありました。レタスのシャキシャキ感と雑穀ご飯がアクセント♪ 少し油っぽかったかな。ごま油を少し減らしてもよかったように思います。

と言いながらも、【手羽の辛味炒め】をおかずにしっかり食べて(笑)タニタさんで低カロリーを目指しても、これでは元の木阿弥ですねぇ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

【雑穀のレタスチャーハン】レシピ

<材料> 2人分(1人前:283kcal)

レタス…葉3枚
黄パプリカ…1/4個
ハム…3枚
雑穀ごはん…200g

(A)
長ネギ…10㎝
しょうが…1かけ
ごま油…小さじ2

(B)
鶏ガラスープの素…小さじ1
しょうゆ…小さじ2
塩…少々

【雑穀のレタスチャーハン】の作り方を 続きに書きました。
     

トマトピューレでヘルシー【イタリアンチキンカレー】レシピ




2013年5月31日(金)

『トマトピューレ』とは、トマトを煮こみ裏漉しした後に煮詰めて濃縮したもの。調べてみました。

先日、【糖質オフ酢豚】で使ったものの、「ほかにどう使おう?」と思ったら、パッケージの裏側に【イタリアンチキンカレー】のレシピが紹介されてました!ヘルシーなカレーのようでこれは嬉しい!

見た目、あれ?普通のカレーのようです(^_^;) パッケージの写真では、もう少しオレンジ色でサラサラっぽい感じなのに。

でも、食べてみたら、少しトマトを感じます。酸味まではいかないけど、従来よりも胃に負担の少ない軽めのカレーです。

我が家では、パセリを混ぜたご飯と合わせて爽快感も出してみました。少量のパセリを買っても、結構な量ありますよね(^_-)-☆

レシピでは20分ほど煮込みますが、私は10~15分くらいでよし!としました。鶏肉がやわらかくておいしかったです(*^。^*) 

【イタリアンチキンカレー】レシピ

<材料> 4人分

鶏もも肉…2枚
タマネギ…1個
ニンジン…1本
ブロッコリー…1株

トマトピューレ…150g
カレールゥ…1/2箱(100g)
オリーブ油…大さじ2
水…3カップ

トマトピューレでヘルシー!【イタリアンチキンカレー】の作り方は、続きに書きました。
     

サブコンテンツ

このページの先頭へ