NHKきょうの料理・栗原はるみさんの【ごぼうの肉巻き】お弁当レシピ

レシピ 栗原はるみ2013年12月12日(木)
NHKテレビ

きょうの料理

講師:栗原 はるみ

NHKきょうの料理では、栗原はるみさんがおせちにも使える、【ごぼうの肉巻き】のお弁当を今月は紹介していました。

甘辛い牛肉とゴボウが抜群に合うひと品。他にも【レンジ赤飯】【きくらげと大根のなます】、簡単!【スイートかぼちゃ】の作り方も紹介していました。

実際に作ってみました!!

私は、【レンジ赤飯】を省き、雑穀米を炊いてお弁当にしました。【ごぼうの肉巻き】が甘辛く、ご飯のすすむ味付けなので、白いご飯でも十分に満足出来そうでした!

ちなみに、ゴボウの歯応えも、このおかずのポイント。太めのゴボウで正解です!! 牛肉は幅の広いものが手に入らずに、やや不安でしたが、どうにかそれっぱく仕上がって良かったです(*^。^*)

食後のスイーツ、【スイートかぼちゃ】(上写真:左手前)付きが、自分で作り詰めながらも、嬉しいものですね(^_-)-☆ 漉しも、絞りもしない楽ちん、簡単な作り方ですが、大満足でした(^O^)/  補足ですが、生地がベタッとして型抜きは、やや難ありでした。


栗原はるみさんの【ごぼうの肉巻き】レシピ

<材料> 4人分

ごぼう(太い部分)12cm×8本
牛薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)10~12枚(約200g)

(調味料)
だしカップ1
しょうゆ大さじ3
砂糖大さじ2と1/2~大さじ3
みりん大さじ1
大さじ1

<作り方> 調理時間30分ほどPT30M / 写真:若干少なめ

1.ごぼう(12cm×8本)は皮むき器で皮をむき、12cm長さに切ります。水にさらしてアクを抜き、水けをきり、熱湯で5~6分間ゆで、ザルに上げて水けをきります。レシピ 

※多めに用意し、太いのみを使用する。残った部分はほかの料理に使うとよい。長さは鍋の大きさに合わせて多少変えてもよい


2.しばらくおいてごぼうの粗熱を取り、牛薄切り肉(約200g10~12枚)を巻きます。巻き始めと巻き終わりは肉に1cmほど余裕をもたせ、隙間がないように少し重ねながら巻きます。 レシピ

●放送:牛肉は、幅の広いものが巻きやすく、ひと巻きして牛肉が余った場合は、切り落としてました。 

※加熱すると牛肉が縮むので、両端が少しはみ出るようにします

(私は、ごぼうの皮をむき忘れて、そのまま牛肉に巻きました)


3.鍋にAのだし(カップ1)、しょうゆ(大3)、砂糖(大2と1/2~大3)、みりん(大1)、酒(大1)を合わせて火にかけ、煮立ったら2を入れます。落としぶたをして弱めの中火で煮ます。 レシピ


※途中でアクが出てきたら、すくって除きます


4.途中で一度上下を返し、煮汁にとろみがつくまで15~20分間煮て火を止めます。 レシピ

※煮汁が少なくなり、牛肉に照りが出てきたらOK!


5.盛り付けるときに、食べやすい大きさに切り、鍋に残った煮汁をかけて、【ごぼうの肉巻き】の出来上がり レシピ

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

栗原はるみさんの【きくらげと大根のなます】レシピ

<材料> 4人分

大根1/3本分(400g)
きゅうり1本分
きくらげ(乾)5g
かに(缶詰)100g
大さじ4
砂糖大さじ3
柚子の絞り汁大さじ2
小さじ1/2・少々

<作り方> 調理時間15分ほど(きくらげの戻し時間を除く)PT15M / 写真:1/4量ほど


1.きくらげ(5g)は、水に30分間つけて戻し、千切りにします。

大根(1/3本分400g)は、長さ5㎝くらいの千切りにし塩(小1/2)をふり、きゅうり(1本分)は小口切りし塩(少々)をふり、しんなりするまで約10分間おいておきます。 レシピ

2.大根、きゅうりは布巾などに包み、それぞれ水分を絞りボウルに入れます。 レシピ

3.酢(大4)、砂糖(大3)、柚子の絞り汁(大2)を混ぜ合わせて、2のボウルに加えて混ぜ、きくらげを加えてさらに混ぜ合わせて、【きくらげと大根のなます】の出来上がり レシピ

●放送:柚子の皮をトッピング。汁けをきり、粗くほぐしたカニ缶(100g)を加えてました。

⇒私は、かにカマを加えてみました。 

※冷蔵庫で3~4日間保存可能です(カニ入り:2~3日間)

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

栗原はるみさんの【スイートかぼちゃ】レシピ

<材料> 14個分(直径4㎝の抜き型)

かぼちゃ1/4個(正味340g)
バター10g
卵黄1個分・適量
砂糖大さじ2
生クリーム大さじ2
シナモン適量
柚子の絞り汁大さじ2
小さじ1/2・少々

<作り

サブコンテンツ

このページの先頭へ