はなまるマーケット【ロールキャベツ(和風)】レシピ

レシピ ロールキャベツ2014年1月23日(木)
TBSテレビ
はなまるマーケット

~冬の定番 ロールキャベツ~

はなまるマーケットでは、冬の定番料理!ということで、【ロールキャベツ】を紹介していました。

洋風と和風、それぞれ名店の極意レシピに、薬丸さん・岡江さんも「おいしいー」のコメントが出るほど、とっても美味しそうでした。

実際に作ってみました!!

<感想>

官能の【ロールキャベツ(洋風)】に続いて、今度は、【ロールキャベツ(和風)】を作りました。

和風ロールキャベツは、約90年もおでん老舗店で愛されているという『尾張家』さんのおでんだねの1つ。
放送でもたっぷりの出し汁に、他の大根や練りものなどと合わせて和風ロールキャベツが紹介されました。

おでんといえば、「だし」 。
一晩、頭とはらわたを取りのぞいた煮干しを漬け置いてから、だしをとります。

でも、私はすっかり忘れてました(>_<)
急きょ、肉だねを用意している間の10分くらい煮干しをつけて間に合わせちゃいました(^_^;)

そして、もう1つのポイントが、「2時間放置」です!!

洋風ロールキャベツは2時間コトコトと煮たけれでも、和風ロールキャベツは、2時間放置します\(◎o◎)/!
中までよく味が染み込むそうです。

お肉に火が通ってるのか?がやや心配でしたが、大丈夫でした。
でも、キャベツの葉が少しかたいです。
お箸では、切れません(>_<)
30分くらい煮込んでから放置すれば、キャベツもとろ~と切れやすくなったかもしれません(^_-)-☆

慌てて作っただしですが、あっさりとした中に、キャベツの甘みが加わっておいしい(*^。^*)
アクをこまめに取り除くと、澄んだおでんのだし汁が出来ると私は思いました。
今度は、このだしの取り方で、おでんを作ってみたいと思います♪ 


■■■ おでん御料理『尾張家』さんの【ロールキャベツ(和風)】レシピ ■■■

<材料> 8個分 

キャベツ1個
かんぴょう(乾燥)適宜

(具材)
タマネギ(みじん)1/3個
長ネギ(みじん)1/3本
小麦粉小2
合びき肉300g
しょう油小2
小2
溶き卵大1

(だし)
1.5リットル
煮干し4~5本
昆布10cm角1枚
カツオ節適量
薄口しょう油120cc
みりん120cc
60cc

<作り方> 調理時間140分ほど(だしをとる時間を除く)PT140M / 写真:半量の4個分


●だし用の水(1.5リットル)に、頭とはらわたを取りのぞいた煮干し(4~5本)を一晩水に漬けておきます。
●キャベツ(1個)は、下茹でしておきます。結びのかんぴょう(適宜))は、水(または、ぬるま湯)で戻しておきます。

1.ボウルにみじん切りしたタマネギ(1/3個)、長ネギ(1/3本)を入れて、小麦粉(小2)を加え軽く混ぜ合わせます。 レシピ ロールキャベツ
 

※タネに長ネギを入れることで、和風の味付けにも合う

2.1のボウルに合びき肉(300g)、しょう油(小2)、酒(小2)、溶き卵(大1)を入れ全体がなじむまでこね、8等分にしておきます。 レシピ ロールキャベツ
 

※タネに豚肩ロースの角切りを混ぜることで、食感とジューシーさをUp!

3.ゆでたキャベツの芯を切り取り、大きいものを下に敷き、2~3枚重ねたところに2の肉だねをおきます。小さい葉で包み外側の葉で巻くように左右を折りたたみ下からくるくると巻き、かんぴょう(乾燥)で縛ります。

(私は、かんぴょうを使わずに包みました)

4.鍋に一晩、煮干しを漬け水(1.5リットル)、昆布(10cm角1枚)を入れ、一煮立ちせたらカツオ節(適量)を入れだしを取ります。 レシピ ロールキャベツ
 

5.4のだしに薄口しょう油(120cc)、みりん(120cc)を入れ、ロールキャベツを加え強火にかけます。
レシピ ロールキャベツ 

6.沸騰してきたら酒(60cc)を入れ、5分煮ます。 レシピ ロールキャベツ
 

7.火を止め、フタをし2時間置いておきます。食べる直前に温め直せば【ロールキャベツ(和風)】の出来上がり レシピ ロールキャベツ
 

※2時間置いて味を染み込ませる

●はなまるマーケットを参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ