はなまるマーケット・落合シェフ直伝!パプリカの冷製パスタ【パプリカとトマトのペペロナータ】レシピ

paprikapasta2010年7月20日(火)
TBSテレビ
はなまるマーケット
 
とくまるレシピ
~落合シェフのスタジオクッキング第15弾~

今回、落合シェフは、この夏ぴったりの色鮮やかなパプリカとトマトの冷製パスタを紹介してくれました。パプリカをこんがりと焼くことが、重要なポイント!

パプリカすごいです!ものすごく、甘くなって驚きました\(◎o◎)/ むいた皮を捨ててしまうのが、もったいないくらい美味しかったです。paprikapasta1

今回のソースは、ガーリックトーストにのせたりと重宝します。我が家では、トーストにのせた方が、 『旨みをパンが吸って美味しい!』 という結論になりました★★★

落合シェフ直伝!パプリカの冷製パスタ【パプリカとトマトのペペロナータ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

落合シェフ直伝!パプリカの冷製パスタ
【パプリカとトマトのペペロナータ】レシピ

<材料> 2人分
 
パプリカ(赤・黄)・・・各1個
トマト・・・大1個
バジル・・・3枚&飾り用
ニンニク(すりおろし)・・・少々
塩・・・小さじ1弱
コショウ・・・少々
ワインビネガー(赤)・・・大さじ1
 ※赤、白どちらでも可。 「酢」または「レモン汁」でも代用可能。
ハチミツ・・・適宜(お好みで)
オリーブ油・・・大さじ2~3

カッペリーニ(0.9~1.0mm)・・・60g(冷製は飽きるので少なめ)
水・・・5リットル
塩・・・50g

<作り方>

*パプリカの下ごしらえ*
1.オーブンレンジを250度に温め、パプリカをそのまま入れて、30分~40分加熱する。
paprikapasta2(加熱途中でパプリカを返し、全体にまんべんなく焦げ目をつける)
※パプリカを焼くことで、水分が蒸発して、甘みが強くなる

2.パプリカに焦げ目がついたらオーブンから取り出し、冷ましてから皮をむく。
次に種を取り除き、千切りにする。

*トマトを湯むきする*
3.トマトはヘタを取り、ヘタの部分を下にしてお玉にのせ、たっぷりのお湯が入った鍋に、3秒ほどヘタの部分だけつけたら鍋の中に落とし、7秒ほどつけたら氷水に入れる。冷めたら、皮をむく。

4.トマトをくし形切りにし、種の部分を取り除き、千切りにする。paprikapasta3

*ソースの仕上げ*
5.ボウルに切ったトマト、パプリカ、ちぎったバジルを入れ、塩、コショウ、ニンニク、ワインビネガー、 ハチミツを入れて混ぜ合わせる。
※パプリカの水分(旨み)も一緒に入れる。 (写真右)

6.味をみて塩などで調節したらオリーブ油を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。
※オリーブ油は、数回に分けて加える。

7.深みのある鍋にパスタを入れて表示時間通り茹でる。茹で上がったら氷水で冷やし、フキンなどにパスタを移して水気を切る。

8.器にパスタを盛り、6を上にのせ、飾りのバジルをのせたら完成

サブコンテンツ

このページの先頭へ