「2009年12月」の記事一覧(2 / 17ページ)

はなまるマーケット糸井重里さん【サツマイモの蒸しパン】レシピ

itoimusipan2009年12月28日(月)
TBSテレビ
はなまるマーケット

今日のはなまるマーケットでは、1年間の総集編ということで、視聴者から問い合わせの多かった事柄について、詳細を教えてくれました。

その中でも、糸井重里さんが、はなまるカフェにゲスト出演(11月18日)した際の、おめざ【蒸しパン】に注目!このおめざは、レシピ本『LIFE2』 や 『南極料理人』 『かもめ食堂』 などの映画のフードコーディネイトを手掛ける飯島奈美さん手作りの【サツマイモの蒸しパン】

今回、糸井重里さんが、 「レシピを知ってます!」 とのことで、糸井さんが実演し紹介してくれたので、早速作ってみました。
 ↓  ↓  ↓
【サツマイモの蒸しパン】レシピ

<材料>

(卵液)
卵…1個と牛乳…※合わせて130ccになるようにする
砂糖…50g
バター…20g

小麦粉(薄力粉)…120g
ベーキングパウダー…小さじ1と1/2

サツマイモ…100g

ザラメ糖…お好みで

<作り方>
●バターを湯せんして、溶かしておく
●サツマイモは皮ごと1cmの角切りにし、水に5分ほどさらす

*卵液を作る*
1.牛乳と卵(1個)を合わせて、130ccになるようにする

2.ボウルに、1と砂糖を加えて混ぜ合わせる

3.2のボウルにバターを加えて軽く混ぜ合わせたら卵液の完成

*生地を作る*
4.小麦粉、ベーキングパウダーを合わせて、ふるいにかける
※ふるいにかけることで、ダマが出来にくい

5.3の卵液に4の粉を加えて、ゴムベラを使ってさっくりと混ぜ合わせて生地の完成itoimusipan1

*具材と合わせる*
6.サツマイモを水切りし、水分をしっかりと拭き取る
※水分をしっかりと拭き取ることで、生地と馴染みやすくなる

7.5の生地に、6のサツマイモ(半量)を入れて混ぜ合わせたら、シリコンカップやクッキングシートなどの耐熱型に流し入れ、上から残りのサツマイモをのせる

8.湯気の立った蒸し器に入れて、強火で15~18分ほど蒸す。(蒸しパンに水滴が落ちないようフタに布巾などを巻いておく。)
乾いた菜ばし・竹串などを刺して、生地がついてこなければ完成!
itoimusipan2

糸井さんが、「レーズン」「スライスアーモンドやナッツ類」も、入れて作ってみたい!とおっしゃってたので、急きょ、半量を【レーズン&クルミ入り】に挑戦してみました。(写真右)

以前、オリジナルで作った時よりも、バターが入って、とっても美味しいです(⌒~⌒) 甘さ控えめで(砂糖40gに)、私にはちょうど良く気に入りました!!
【こんにゃくそば】←坂本龍一さんのおすすめするおめざです★★★上沼恵美子さんもおすすめ紹介したそうで、「独特の食感が美味しい!」と大好評!大変人気の商品です

 

キューピー3分クッキング 【牛肉と小松菜の炒めもの】レシピ

gyunikukomatuna2009年12月10日(木)
日テレ

キューピー3分クッキング

小川 聖子 先生

青菜をたっぷり食べて風邪予防しましょう!ということで、たっぷりの小松菜を牛肉と炒めたレシピです。しょう油を使わない味付けですが、ご飯がすすむひと品です。簡単であっという間に出来上がるので、これはおすすめ★★★

【牛肉と小松菜の炒めもの】レシピ

<材料>  4人分

牛肉(切り落とし) …300g
 おろしにんにく…少々 
 酒…小さじ2 
 粗塩…小さじ1/2 
 片栗粉…大さじ1 
 油…小さじ2

小松菜…1わ(400g)
長ねぎ…1本
にんにく…1かけ

油…大さじ1・大さじ1
鶏ガラスープの素…小さじ1
湯…1/2カップ
酒…大さじ1
片栗粉…小さじ1(倍量の水で溶く)
粗塩、こしょう…各少々
ごま油…小さじ1

<作り方>

1.小松菜は3cm長さに切り、茎と葉にざっと分けておく。長ねぎは斜め薄切りにする。にんにくは叩きつぶす。

2.牛肉は大きいものは一口大に切り、おろしにんにく、酒、粗塩をもみ込んで下味をつけ、片栗粉をまぶし、油を加えてほぐす。

3.中華鍋に油(大さじ1)を熱し、2の牛肉を入れてほぐしながら強火で炒め、肉の色が変わったら油を残してとり出す。

4.中華鍋に油(大さじ1)を足し、長ねぎとにんにくを香りよく炒め、小松菜の茎を加えて炒め合わせ、さらに葉を加えてさっと炒める。鶏ガラスープの素、湯、酒を加え、ふたをして強火で小松菜がやわらかくなるまで蒸し煮にする。
※火加減はずっと強火、小松菜を蒸しながら炒めて火を通します(1分くらい)

5.4に牛肉を戻し、水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけ、粗塩、こしょうで味をととのえ、香りづけにごま油を加えて完成!
 

小松菜はアクが出ないので、調理が簡単で良いですよね!材料2品だけでメインのおかずになる嬉しいレシピでした(⌒~⌒)

 

NHKきょうの料理【いちごのクリスマスケーキ】レシピ

x'mascake2009年12月22日(火)
NHKきょうの料理

講師:小菅 陽子

ブログを始めてから、いろんなおかず・スイーツを作ることが増えて、今年は初めて【クリスマスケーキ】にも挑戦してみました!ハンドミキサーが無いので、ひたすら手動で泡立てましたが、スポンジ生地の膨らみがいまいちでした(>_<) 

【いちごのクリスマスケーキ】レシピ

<材料>  直径18cmの丸型1台分(写真15cm型)

つくりやすい分量

(スポンジ生地)
卵…3コ
砂糖…90g
薄力粉…90g
バター(食塩不使用)…60g

(シロップ)
砂糖・水…各大さじ2
オレンジリキュール…大さじ1

(仕上げ用)
生クリーム…400ml(脂肪分45%以上・植物性脂肪…各200ml)
砂糖…大さじ3~4
バニラエッセンス…適宜
いちご…1パック

あれば
ミントの葉(生)・レッドカラント…各適宜

*脂肪分の高い生クリームだけを使う場合*
堅くなるのが早いので泡立て器で泡立て、手早く作業すること

<作り方>
●丸型にバター(食塩不使用。分量外)をぬり、冷蔵庫で冷やしておく。
●バターは湯せんにかけて溶かしておく。
●オーブンは170℃に温めておく。
 
*スポンジ生地を作る*
1.ボウルに卵を割り入れてハンドミキサーの低速で溶きほぐし、砂糖を加えて細かい泡が立つまで混ぜる。

2.約70℃の湯をはった鍋に、1のボウルを重ねて湯せんにかけ、1~2分間泡立てる。

3.人肌くらいに温まったら湯せんからはずし、高速で泡立てる。生地をすくい上げると、リボン状にゆっくりと落ちて跡が残るくらいまでしっかりと泡立てる。

4.泡立て器にかえ、全体を混ぜてキメを整える。

5.薄力粉をふるい入れ、ゴムべらにかえ、底からすくい上げるようにして、粉けがなくなるまで混ぜ合わせる。

6.温かい溶かしバターをゴムべらで受けながら回し入れ、底からすくい上げるようにして、さっくりとよく混ぜ合わせる。

7.型を冷蔵庫から出し、6を流し入れる。ボウルの内側に残った生地もきれいに取って、端のほうに入れる。こうすると、焼いたときに均一にふくらむ。

8.170℃のオーブンで約30分間焼く。中央に竹ぐしを刺し、生地がついてこなければ焼き上がり。粗熱が取れたら型から出してケーキクーラーに逆さまに置き、乾燥しないように型をかぶせて冷ます。
※冷蔵庫で一晩おくと、生地がなじんで切りやすくなる。

ここから先、仕上げについては、続きに書きました
 ↓  ↓

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ